芳香浴だけではもったいない!アロマテラピーでできること

 

おはようございます!

相模原市・古淵のナード・アロマテラピー協会 認定校

green yell. の萩原たか です。

 

 

アロマテラピーとは

植物から採れた精油を、美容や健康に役立てること

と、こちらの記事でお伝えしました^^

 

今日はどんな精油の使い方・楽しみ方があるのか

ご紹介していきますね。

 

 

  • まずは定番の芳香浴

リラックスしたい、リフレッシュしたい、

心地よい眠りのために、仕事や勉強に集中したい、

お部屋や玄関の消臭のために、など

気分や目的に合わせて精油を選びます。

 

 

  • アロマトリートメント

ホホバ油やスィートアーモンド油などの植物油に精油を加えてお肌に。

サロンでアロマトリートメントを受けると気持ち良いですね。

 

 

  • スキンケア

化粧水や美容オイル・乳液などを手作りして精油を加えます。

精油の中には美白作用抗シワ作用皮膚弾力回復作用など

魅力的な作用を持つ精油もあるんですよ♪

 

 

  • プチトラブルの緩和に

こちらも植物油に精油を加えてお肌に。

冷え、肩こり、ムクミ、生理痛、

筋肉痛、花粉症、風邪など

プチトラブルの緩和に役立つ精油を選びます。

 

例えば生理痛なら、痛みや痙攣を和らげる作用を持つ精油や

リラックス作用を持つ精油を使います。

(精油は原液のままお肌に塗らないでくださいね。)

 

 

精油にはいろいろな薬理作用があり、

精油によって得意なことが異なります。

 

精油の薬理作用と、

気分や体調に合わせて精油を安全に使う方法を知っておくと、

病院に行くほどではない不調なら

アロマテラピーでセルフケアできるようになりますよ^^

 

Pocket